イクメンに人気のファーザーズバッグとマザーズバッグの通販 ダッドギアショップ

ダッドギアショップの概要
全国どこでも送料無料
ダッドギアのロゴマーク

販売店リスト

CGビデオによる商品紹介
ビルボードシリーズ・メッセンジャーバッグへ
ダッドギアのバッグ・イメージショット in Denver
リンク集
当店のマザーズバッグ・ファーザーズバッグのメディア掲載実績

デンバー情報

支払上手でクレジットカード・コンビニ払いが可能
三菱UFJニコスの支払上手でクレジットカード・コンビニ払い!
おサイフケータイ、Edyカード
でのお支払いもOK!
Edy(電子マネー)

イクメンプロジェクトに登録しよう

ホームダッドギアショップ?
ダッドギアショップ -開店へのストーリー-

ダッドギアショップの店主である飯田は、2006年秋、プライベートで使うバッグを探していた。
但し、マザーズバッグやファザーズバッグ等のおむつバッグ(ダイパーバッグ)ではなく、
単なるショルダーのカジュアルバッグ。
しかし、地元横浜のショップを見ても、楽○市場等のショッピングモールで探しても、
なかなか好みのバッグが見つからない。
「メッセンジャーバッグが欲しいな」等と思ったりもして・・・。

輸入のビジネスをしている飯田は、プライベートでも海外(特にアメリカ)のネットショップを よく訪問し、
ネット経由で注文する。雑貨に、衣類、その他いろいろ。
Google.com の検索窓に、"Messenger bag"と入力。
以前輸入を検討した事のある、ニューヨークにあるユニークな雑貨を取扱う某ネットショップが偶然ヒット。
そこには、当店HPを飾る限定物のメッセンジャーバッグがあった。
早速、ネット上で注文。しかしショッピングカート上でエラーの表示。
(以前同ショップにコンタクトを取った際は、ビジネスの為だった為、オンラインで注文はせず、
卸しにて購入の交渉をメールでした。)
エラーの原因をメールで問い合わせると、使用したクレジットカードがアメリカで発行されたものでないので、
カードでは決済出来ない、海外送金で決済可能との連絡。
送金も面倒なので、そのメッセンジャーバッグの製造元をネットサーフィンをして調査。
その結果、ダッドギア社が製造元である事が判明し、ダッドギアにメールにてコンタクト。
同じデザインのメッセンジャーバッグは同社のホームページ上にあったものの、在庫はなく購入できず。
他のデザインのバッグを注文する際に併せて、日本に代理店がないかを尋ねると、
「日本では販売していない」との連絡が入る。

「これはきっと日本で売れる!」飯田の勘。
日本での販売の可能性を探るべく、交渉スタート。もちろん英語で。
12月のある日、他のデザイン数点を併せて注文。
2007年正月、商品が大きめのダンボールで海を渡り到着。
ダンボールには、ダッドギアとデイジーギアのロゴマークのステッカー。
「格好良いじゃん」が第一印象。
段ボール箱を開ける。実物を手に取ると、機能的なバッグで材質が良い事が分かった。
注文していない他のデザインのバッグが箱の中から・・・。 親切に他の商品のサンプルも入れてくれた。
商品と彼らのその気持ちを嬉しく思い、この会社と取引したいと感じた。
その後毎日のように、値段交渉や代理権の交渉。
こちらの熱意が伝わり、また双方の相性が合い、2月上旬のある日、契約に至る。
日本での総輸入元として。

店名をダッドギアショップに決め(ダッドギアの商品のみを扱うので、ダッドギア社の了解を取り命名)、
日本での営業をスタート。
早速2月中旬にネットショップをオープンし、日本での小売をスタート。併せて日本での輸入卸し元として活動。

その後、4月上旬正式契約ならびに打ち合わせのため、ダッドギア社のあるコロラド州デンバーを訪問。
社長Mr. Scott Shoemaker と担当者とミーティング。
(その時のデンバーは毎日雪で氷点下の寒さでした。ダラスも雪。異常気象!)

その後、現在に至る。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス